基礎代謝を上げたいと考えている人はたくさんいると思います。

 

基礎代謝をアップさせる目的は人それぞれだと思いますが、

基礎代謝をアップさせるのは以外に難しくありません。

 

それは意識の置き所なのです。

 

今回は基礎代謝をアップさせるための簡単な方法を取り上げたいと思います。

 

まずは自分を知ることから

基礎代謝を意識する人は、案外自分自身の基礎代謝を知らない場合があります。

 

 

 

基礎代謝をアップさせるためには、まずは自分自身の基礎代謝量を調べることから

はじめましょう。

 

そして次に、基礎代謝と、1日に必要なエネルギーは別なことを理解してください。

 

多くの人が

 

「基礎代謝が1日のカロリー」と勘違いしているように思えますが、実際は違います。

基礎代謝は「1日に必要な最低エネルギー」なので、自分自身が1日に必要とする

推定エネルギー量」とは別なのです。

 

まずは基礎代謝量を一般的に使われるハリス・ベネディクト方程式で計算して

そこから自分自身の「推定エネルギー量」を知って下さい。

 

基礎代謝アップ01_001

 

基礎代謝をアップさせるためには、まずはその数値を知ることから始まります。

 

基礎代謝をアップする簡単な方法

基礎代謝が上がると、「太りにくい体質」を手に入れることが出来ます。

 

4コマ01

 

4コマ02

 

4コマ03

 

4コマ04

 

健康と美容を手に入れるには「太りにくい体質」を手にしてしまうのが一番なのですが

そう簡単に基礎代謝をアップすることが出来ないと思っている人がほとんどです。

 

その主な原因は、ネット上にある

 

「基礎代謝をアップするには、筋肉をつけないといけない」とされる

半都市伝説化した表現だと思います。

 

基礎代謝のための筋肉、1Kgつけるとどーなる?を参照下さい。

 

私は「筋肉をつける」という表現は間違いで、「筋肉を鍛える」が正解だと思います。

 

基礎代謝=筋肉

 

という間違った認識が多くあるため、多くの人は基礎代謝をアップさせることが

「非常に難しいこと」とハードルを上げているのです。

 

ですが実際に大切なことは、筋肉を鍛えるための筋トレではなく

 

体温を上げること」なのです。

 

私はそのことをこのサイトで何度も訴えていますが

 

「基礎代謝をアップするには筋トレ」という壁があちこちにあって、うまく伝わっていません。

 

「筋トレ」とハードルを高くするととても簡単には出来ないことのように思えますが

「体温を上げる」と聞けば、それを聞いただけであなたも思い浮かぶことがたくさんあると

思います。

 

基礎代謝アップ02_001

 

呼吸を意識する

実は呼吸を意識するだけでも基礎代謝をアップすることは可能です。

 

それは腹式呼吸を意識して、横隔膜で内臓を運動させて、ストレッチ効果で血流を良くして

体温を上げる方法です。

 

呼吸は誰にでも出来ることです。

 

また、、腹式呼吸が出来ない人はいません。

 

人間は眠っている間は腹式呼吸になるので、腹式呼吸に才能はいらないのです。

 

誰にでも簡単に、意識さえすれば行える「基礎代謝アップの方法」です。

 

姿勢を意識する

これも才能が必要ない「基礎代謝アップの方法」です。

 

これは基礎代謝に関わりが深い筋肉を鍛えて体温を上げる方法です。

 

姿勢を良くすると、実はインナーマッスルと呼ばれる「姿勢安定筋」が鍛えられます。

 

姿勢を意識すると、胸が開かれ、呼吸がしやすくなります。

 

そして呼吸が深くなることによって、先ほどと同じように、臓器が良く動いて

体温が高まります。

 

姿勢を正すことはダイエットの基本といわれるのはそのためです。

 

意外と壁は低い

ここまで聞くと、「基礎代謝アップって簡単!?」

 

と思えるようになっているかもしれません。

 

実はその気持ちは正解で、普段の生活の中でも意識を少し向けるだけで

基礎代謝がアップできる方法はたくさんあります。

 

キーワードは体温

基礎代謝をアップさせるキーワードは体温です。

 

そのキーワードさえわかっていれば、たくさんあなたなりにアレンジすることが出来ます。

 

お風呂の長湯」でも体温は上がります。

 

食事の内容を体を温めるものにすれば体温は上がるのです。

 

あなたのアレンジで、自分が楽しいと思える基礎代謝アップを様々楽しんでいきましょう!

 

命がある限りついて回る基礎代謝。

 

あなた自身が楽しめる基礎代謝アップの方法を探し出して継続することが

基礎代謝をアップさせて「太りにくい体質」を掴む近道なのです。