基礎代謝の話をする人は、非常にカロリーを気にする傾向が強いですが

 

様々な質問を見ていると

 

「基礎代謝が摂取カロリーである」という間違った知識が浸透しているように感じます。

 

そして、基礎代謝を考えたとき、ついて回るのがリバウンドの不安。

 

どうすればその不安を和らげることが出来るのでしょうか?

 

そもそも、1日の摂取カロリーが基礎代謝ではない

1日の摂取カロリーは基礎代謝ではありません。

 

このことを間違えると大変なことになります。

 

まずはキチンと現状でどれほどのカロリーを体が必要としているのか計算してみましょう。

 

1つ1つキチンと問題が解決していけば、基礎代謝に対する不安は消えていきます。

 

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

 

まずはあなたの基礎代謝の計算を一般的に使われている、ハリス・ベネディクト方程式

計算してみます。

 

基礎代謝の計算はコチラ

 

そしてその数字から、自分の活動レベルに応じて「推定エネルギー量」を計算していきます。

 

推定エネルギー量の計算はコチラ

 

ここまですると

 

「あれ?」という現象が起きます。

 

「思っているよりも推定エネルギー量が多い」

そうなんです。

 

実は推定されるエネルギー量は自分が思っているよりも数字が大きいと思います。

 

基礎代謝とは「最低エネルギー量」なのです。

 

基礎代謝以下の食事をしている」という書き込みがたくさんありますが

体が必要としている最低エネルギー量を下回った場合、体は生命維持に走ります。

 

そしてエネルギーを体に蓄えるように切り替えるため

基礎代謝量を下回った食事を続けていると

 

「太りやすい体」になってしまいます。

 

基礎代謝を考えたとき、その不安から抜け出してたどり着く場所は

「太りにくい体」です。

 

結局

「基礎代謝の計算をして、それを下回った食事をしているのに痩せない」のは当たり前なのです。

 

栄養を体に入れない、カロリーコントロールダイエットの落とし穴

カロリーコントロールをして痩せようとする場合

 

「基礎代謝を下回った食事を心がける」のが一番の落とし穴です。

 

先ほども言ったように

基礎代謝を上げずにカロリーだけを意識して行うダイエットの場合、必ずリバウンドが

不安になると思います。

 

でもそれは正解なのです。

 

基礎代謝を下回った食事を続けていれば、どんどんと「太りやすい体」に体質が変化していきます。

 

基礎代謝を上げて入ってきたエネルギーを適切に処理してくれる

体のほうが「太りにくい」に決まっています。

 

リバウンドすることが不安に感じるのならば、私は基礎代謝を上げることをオススメします。

 

食事と共に意識して欲しい小さなこと

基礎代謝を気にして、それを下回った食事をしている人は、非常に食事量に気を配っていますが

 

それと共に楽をして基礎代謝を上げる習慣を意識していけば体質も変化してくると思います。

 

それには根気強く続けること、それが大切になってきます。

 

では基礎代謝を気にしながら不安を取り除いていく小さな習慣を紹介したいと思います。

 

呼吸を意識する

 

姿勢を意識する

 

この2つを普段から意識してるだけで、基礎代謝に変化が見られます。

 

小さなことで派手さはないですが、この小さい習慣が少しずつ効いてくるのです。

 

そしてあなたの中にある不安が解消していきます。

 

ダイエットをするときに一番気になるのはリバウンドです。

 

その不安から解放されるためには、小さな習慣を続けて自分自身に自信をつけることです。

 

「基礎代謝が上がって太りにくい体質に変化している」

 

その自身があなたを不安から抜け出させてくれるのです。