基礎代謝を上げる方法は様々ありますが

 

このサイトで紹介しているようなサプリメントを口にするのに抵抗がある人もいると思います。

 

そんなとき、頭に思い浮かぶのは「漢方」

 

では、一体どんな漢方薬が基礎代謝に効くのでしょうか?

 

漢方的には胃腸が弱いとNG!?

そうなんです。

 

胃腸が弱い人は基礎代謝が低いと判断されます。

 

胃腸が弱い

 

これは漢方に限ることではありませんが胃腸が弱いと美容にも健康にもよくありません。

 

胃腸の動きが悪い人は、体の老廃物が溜まりやすく、肌の状態も悪化して顔色も悪くなります。

 

また血流が悪くなるため、体温が低くなる場合が多く基礎代謝を上げることが出来ません。

 

基礎代謝と体温は凄く密接していて、よく「基礎代謝を上げるには筋肉をつけることが一番」

なんて言われますが

 

筋肉を1Kgつけても思ったほどのエネルギー消費、基礎代謝の向上にはならないのが実際です。

 

ではどうすればいいかといわれると、漢方のように基礎代謝をサポートするものと

 

運動が必須なのです。

 

体を動かすのは人間の基本です。

 

美容と健康を手に入れるためには、体を動かすことが必要不可欠です。

 

ですが、体を動かすのは辛いというのも事実。

 

だからこそ基礎代謝を上げるために漢方やサプリメントが必要になるのです。

 

どんな漢方がいいの?

まず第一にお伝えしなければいけないのは、基礎代謝に効く漢方の効果は緩やかです。

 

決して飲んだ次の日に効果があがるものではありません。

 

これはサプリメントも同じで、体質改善には3ヶ月は必要と考えられます。

 

基礎代謝に効く漢方は自分が感じる用途に応じて考えなくてはいけません。

 

胃腸の動きをよくしてくれる漢方

これは胃腸の動きを活発にして、内蔵をストレッチ。

老廃物を体の外に排出して血流をよくして、体温を上げ、基礎代謝を上げることを期待できるもの

 

  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
  • 大柴胡湯(だいさいことう)

 

冷え性やむくみを解消してくれる漢方

冷え性は血流が悪くなるから起こってしまうもの。血流をよくして体温を上げ

むくみを解消して同時に体を温めてくれるものは、体温の上昇によって基礎代謝を上げてくれます。

 

  • 防已黄耆湯(ぼういおおぎとう)
  • 五苓散(ごれいさん)

 

共通するもの

それは体温です。基礎代謝を上げる漢方に共通して言えることは「体温」ということになります。

 

これは基礎代謝を上げるサプリメントでも同じことが言えて

基礎代謝を上げる効果が期待できるものには、体温を上げる

しょうが」などが配合されている場合が多いです。

 

また血液の浄血作用があるものも基礎代謝を上げる漢方には含まれていることがあり

基礎代謝を上げるサプリメントでは「すっぽん」が含まれているものでも同じ効果が期待できます。

 

副作用が少ないイメージ。だけど

漢方はもちろん自然派食品です。

 

ですが調合されているものがほとんどで、その効果は医師に相談しないと怖い所があるのは事実です。

 

自分の体質に合ったものを選ばないと、副作用が出る可能性が否定できません。

 

基礎代謝を上げるために漢方を飲む場合には、必ず医師に相談してからにしましょう。

 

もう少し手軽に

このサイトでは、手軽に飲むことが出来るサプリメントと運動の組み合わせで

「基礎代謝を上げよう!」と時には検証したり、効果を公表したりしているサイトです。

 

サプリメントと聞いて

 

「あやしい」と感じてしまう方も多いと思いますが実際に効果が高いものも存在します。

 

今現在基礎代謝を上げて体重が落ちたサプリメントは「スルスルこうそ」「酵素黒酢革命」で

基礎代謝を上げてダイエットに成功した写真も乗せています。

 

手軽ということでは基礎代謝に効く漢方も同じですが

私のイメージでは、どうしても副作用のコワさが抜けないのが漢方です。

 

選ぶ基準はマチマチですが、このサイトの内容がお役に立てたら嬉しいと思います。

 

他のページも色々と検証を行っているので、ゆっくりしていってくださいね!