「姿勢をキレイにするだけで基礎代謝が上がる!?」

 

それ、本当なんです。

 

理由は筋肉の使い方。

 

今回はそんな姿勢と基礎代謝とのお話です。

 

ダイエットの基本は姿勢から?背筋を伸ばすといい理由

ダイエットをするとき、様々な資料を読み漁ると思いますが

 

私も同じです。

 

色々な角度で様々なダイエットの方法を見ていると

 

「姿勢を正しましょう」という言葉がたくさん出てきます。

 

なぜでしょう?

 

実は姿勢を正すことによって基礎代謝を上げる効果があるからです。

 

姿勢と基礎代謝。どこが鍛えられるの?

基礎代謝を上げるには筋肉をつけることが重要と言われています。

 

私はそれも重要だと思いますが、更に重要なのは「体温」だと考えています。

 

ですが姿勢と基礎代謝に限っていえば、一番重要なのは「筋肉」

 

ではどの筋肉なのでしょうか?

 

最近流行ののインナーマッスル!!

そうなんです。鍛えられる場所はインナーマッスルです。

 

インナーマッスルは深層筋と書きますが、体の深層部、骨格・内臓に最も近い

筋肉で、骨格・関節・内臓などが正しい場所を保てるように支える筋肉です。

 

別名では「姿勢安定筋」と呼ばれています。

 

姿勢を正すことによってこの、インナーマッスルを動かしてあげます。

 

そして姿勢を正して筋肉を動かして、基礎代謝を上げていくのです。

 

正しい姿勢は辛い?

実は正しい姿勢というのは、習慣化されなければ辛いです。

 

それはスポーツ選手がインナーマッスルを鍛えるのと同じで、普段使わなくなった

インナーマッスルを鍛えようとすれば、当然楽なはずがありません。

 

では、その辛さを乗り越えた先には、どんな効果が待っているのでしょうか?

 

呼吸がしやすくなる

胸郭が開くので呼吸がしやすくなり、酸素の供給が増えるので血液の循環がよくなります。

 

血液の循環がよくなると何が起きるのか?

 

それは体温の上昇です。

 

実は体温が上がると、強烈に基礎代謝が上がります。

 

姿勢を正して基礎代謝を上げる効果は、筋肉を鍛える効果だけではありません。

 

この体温を上げる効果のほうが重要だと考えています。

 

姿勢を正して基礎代謝を上げるのは「Win-Win効果」を狙ったもので

姿勢をキレイにして筋肉を鍛えて基礎代謝を上げるのではなく

 

「総合効果」で基礎代謝を上げていくのです。

 

臓器も動きがよくなる

人は基本的に楽な方に行きたがります。

 

無意識のうちでもインナーマッスルを維持して、内蔵や骨格を支えるのは大変なことなので

どんどんと猫背になってしまうのです。

 

猫背

 

もちろんインナーマッスルが弱ってくると、内臓が正しい位置をキープできなくなるので

動きが鈍くなってしまいます。

 

内臓を動かすことは基礎代謝を上げるためにも重要になってきます。

 

内臓が活発に動くのはストレッチ効果も期待でき、また、血液の循環も良くなるので

またしても体温が上がります。

 

基礎代謝は行き着くところ、体温・筋肉なのです。

 

姿勢を正すことによって

姿勢を正すことによって、基礎代謝に対して有効な2つの効果が期待できます。

 

呼吸、そして臓器のストレッチ。結果として血液の循環が良くなって体温が上がり

使われていなかった筋肉も鍛えられるので基礎代謝が上がります。

 

ダイエットに効果があるほど基礎代謝が上がるかどうかはわかりませんが

 

基礎代謝の低下を防ぐことは出来ます。

 

姿勢を正すことによって基礎代謝を維持することが出来る。

 

それは「太りやすい体」を引き止める有効な方法だと言えます。