あなたは笑うことがダイエットにつながるということをご存知でしょうか?

 

よく笑う人は筋肉をよく使うので、基礎代謝アップにもつながります。

 

「そんなことあるの?」

 

私もそう思いましたが、その証拠をご覧頂きましょう!!

 

笑うと動く場所。それは…

あなたはもうおわかりですね?

 

腹筋です。

 

笑うと腹筋は自然と運動をはじめます。

 

そして次に、実は笑うと呼吸は必然的に「腹式呼吸」になっています。

 

呼吸と基礎代謝は深いつながりがあります。

 

笑うことによってカロリーが消費され、基礎代謝とつながってダイエットにも効果が出るという

 

「Win-Winサイクル」が出来るのです。

 

相互に良い効果が発揮されて、あなたに心地よい変化をもたらします。

 

実はウォーキングよりも効果アリ!?意外な事実。

「散歩は10分からでも効果があります。」

 

というフレーズを耳にしたことがありますが

 

10分のウォーキングでどれほどの効果が期待できるのでしょうか?

 

実は消費カロリーは約27キロカロリー。飴玉1個がおよそ12キロカロリーなので

「飴2個」程度です。

 

少しがっかりする数値ですが、10分間、「軽く笑う」行為を続けた場合には

およそ10キロカロリーです。

 

「それこそたいしたことないじゃん!!」

 

そう思って当然ですが、部屋の中でテレビを見ながら笑っているだけで10キロカロリーです。

 

これはある意味効率的とも言えます。

 

寒い季節や、暑い季節にわざわざ着替えて、準備をして、そこから歩くのと

 

好きな芸人さんをテレビで見つけて、または映像などをテレビに映して笑うのでは

どちらが簡単でしょうか?

 

笑うだけでダイエットと基礎代謝が上がるのであれば、私は笑う方が簡単で効果的だと思います。

 

笑う。でもダメな笑いも

それは愛想笑いです。

 

おわかりですね?

 

愛想笑いでは腹筋は活動しません。

 

筋肉を動かさなければ笑いもダイエットにも基礎代謝にも効果は発揮できません。

 

重要なのは筋肉を動かすぐらい大笑いすることなのです。

 

才能がいらないからこそ、誰にでも出来る

そうなんです。

 

笑うことには才能は必要ありません。

 

ただ笑うだけで、ダイエットにも基礎代謝にも効果を発揮できるのです。

 

あなたに必要なのは「好きな笑いの素材」を見つけること。

 

ただそれだけなのです。

 

笑いの医学的な効果

便秘の解消

 

ストレス発散効果

 

免疫力の向上

 

脳が刺激を受けることによって活性化・ボケ防止

 

このような効果が「医学的」に証明されています。

 

免疫力の向上は「嘘でしょ?」と思いましたが少し難しい話をすると

 

笑いによって刺激を受けた間脳に興奮が伝わって情報伝達物質「神経ペプチド」が生産され

その「神経ペプチド」が血液やリンパをめぐってNK細胞というウィルスなどと戦う細胞に付着

がん細胞やウイルスなどの攻撃を開始する。

 

結果免疫力が高まるという流れです。

 

素晴らしい!!

 

笑いはまさしくWin-Win効果

笑いは私たちのエネルギーを消費して、ダイエットにも基礎代謝向上にも効果を発揮します。

 

よく考えると、よく笑う人は肌の血色がいいと思いませんか?

 

それはこのこの記事でお伝えしたように、基礎代謝が高まると排泄機能が向上するのも

効果を発揮しているのだと思います。

 

小さな運動を小刻みに行うことは大変ですが

 

小さな笑いを1日に何度もすることは比較的簡単です。

 

笑うことがダイエットにつながって、基礎代謝にも効く。

 

更に「Win-Win効果」であなたは「美容と健康」とも線でつながっていくのです。

 

笑いがあると明るくなるのは、すべての方向が「Win-Win効果」によって

プラスに向くからかもしれませんね。