「アミノ酸を多く摂るとダイエットがうまくいく!!」

 

あなたもそんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、アミノ酸を摂るだけではダイエットすることは実際には出来ないのです。

 

アミノ酸を摂るだけではダメ!!運動をしなければならない理由

アミノ酸と代謝というのは切っても切り離すことが出来ません。

 

人間に必要なアミノ酸は20種類。そのうち9種類が「必須アミノ酸」と呼ばれる

人間が体内で作ることが出来ないアミノ酸です。

 

このアミノ酸は食事などから摂取する必要があるのですが

 

「アミノ酸ダイエット」と呼ばれるダイエットは

 

「アミノ酸と代謝を結びつけて、自分の体に変化を与えて痩せる」手法といえます。

 

こういうとなんだか難しいように聞こえるかもしれませんが、「アミノ酸ダイエット」は

実は「体調を整える」という側面を持っています。

 

私たち現代人は、偏った食事をしています。

 

本当に必要なものを摂取しないで、私たちは自分の好きなものばかりを口にしてしまうのですが

その体に取り入れる栄養素を考えて、「正常なものに戻す作業」をアミノ酸を使って

行おうとするのが「アミノ酸ダイエット」の正体です。

 

人間の体は肉食に作られていることをご存知ですか?

 

コチラの記事でも書いたのですが、これは私たちがどうこうできるものではなく

根本的なものなので、完全なるベジタリアンは存在できないことになっています。

 

ですが実際、お肉を食べることに抵抗を覚えている人がいるのも事実です。

 

そんなとき、必要となるのがアミノ酸などをサプリメントにしたものです。

 

ですがサプリメントだけを飲んで体重が落ちたり、理想の体を手に入れることは

出来ません。

 

私が紹介している「ごま酢セサミン」などはアミノ酸を豊富に含んだサポートサプリですが

実際にそれだけを飲んで痩せることはありません。

 

アミノ酸と代謝をつなげるのはもちろんなのですが、基礎代謝と結びつける以上は

 

運動」が必ず必要になってきます。

 

よく考えるとコワい!?何もしないで痩せたら逆に不健康

多くのダイエットサプリメントなどを見ていると

 

「飲むだけで痩せる!!」などと書いてあることがありますが

 

実際に飲むだけで痩せるとしたら、それほど不思議なことはありません。

 

0977931

 

現実には体を動かさないで痩せる行為は不健康で美しくなることはないのです。

 

私は様々なサプリメントを検証していますが、飲むだけで痩せた製品はありません。

 

ウォーキングスローランニングストレッチヨガ呼吸法など

 

「過度な運動ではなく、適度に続けられる運動」を毎日継続することによって

サプリメントの能力を最大限に引き出して痩せているのです。

 

基礎代謝で有効な筋トレは都市伝説!?

よくダイエットのために必要なのは基礎代謝で、基礎代謝を上げるには

筋肉トレーニングが一番!!と書かれているものもたくさんあるのですが

 

私は疑問視しています。

 

その理由はこの記事で述べていますが、筋トレが間違いとも思っていません。

 

アミノ酸を上手に摂取出来れば、筋肉がついて基礎代謝が上がることに間違いはありません。

 

ではアミノ酸はどのタイミングで摂取するのが一番効果的なのでしょうか?

 

重要なのは筋肉回復のタイミング

どんな些細な運動であっても、私たちの筋肉は疲労しています。

 

その筋肉が疲労した後、回復へと向かっている最中にアミノ酸を摂取するのが有効的だと

言われています。

 

しかしこれは基礎代謝を上げて「筋肉をつけたい」と思っている場合にのみ最上の方法です。

 

筋トレを意識しないのであれば、このタイミングである必要はありません。

 

でも、アミノ酸の吸収がよくなるのは事実です。

 

アミノ酸は新鮮さが命です

 

サプリメントなどで摂取したアミノ酸は30以内には体の中に吸収されますので

筋肉が回復に向かっている最中にタイミングよく取り入れることによって

筋肉痛も回避できるというオマケもついてきます。

 

アミノ酸と基礎代謝は切っても切れない関係

アミノ酸と基礎代謝は切っても切れる関係ではありません。

 

その関係性を理解した上で、キチンと利用することによって

「太りにくい体」を作っていくことは可能です。

 

「太りにくい体を作る」という工程を経ると、美容と健康もあなたにキチンとついてきます。

 

アミノ酸を飲むだけでは変化を感じることは出来ないかもしれませんが

「運動」そして「飲むタイミング」をキチンと意識することによって

 

アミノ酸で基礎代謝をキチンと上げていくことが出来るのです。