妊娠中に「しょうが」をとるのはなぜでしょうか?

 

そして妊娠中に「しょうが」をとるのが苦手な方は「サプリメント」で代用しても大丈夫

なのでしょうか?

 

あなたがもし今妊娠中で、「しょうが」のことが気になるなら、どうぞ最後までお読みください。

 

「しょうが」と妊婦さんの関係

なぜ「しょうが」と妊婦さんが組み合わされるのでしょうか?

 

しょうが 妊婦

 

 

それはしょうがに含まれている「ジンゲロール」という成分が妊娠中の吐き気や頭痛に効果を

発揮することがわかっているからです。

 

では、その効果がわかっていても、「しょうがが苦手」という人が手軽に飲めるサプリメントを

選ぼうと思ったとき、不安になるのが、加工されているものが大丈夫なのかどうか。

 

今回は、このサイトで紹介している「金時しょうが粒」を調べてみたいと思います。

 

成分を調べてみた

金時しょうが粒の成分

 

001

 

金時しょうが末

国産の金時しょうがの粉末

 

ヒハツエキス末

ヒハツエキスの粉末。ヒハツエキスとはコショウ科の植物。今でもインドでは薬草として

使用されている。体の冷えの改善を促す。

 

 

デキストリン

粉末の固形化剤として利用

 

結晶セルロース

医療品添加剤として広く用いられる。科学的に不活性なので、他の成分を邪魔しない。

飲んだときに安易に崩壊するため、錠剤の結合剤として使用される。

 

糖転移ヘスペリジン

水に溶けやすくする成分

 

ショ糖脂肪酸エステル

食品由来の添加物。開発者がこだわりをもっているサプリメントに多く見られる。

 

光沢剤

長期保存の為のコーティング剤

 

微粒二酸化ケイ素

添加物の中でも人体に最も影響しないもの。カップ麺などには必ず含まれている。

粉末がダマにならないように調整するもの。国連機関にも認められている添加剤の一種。

 

ヒアルロン酸

関節炎などに効果を発揮するが、金時しょうが粒の場合は添加物としてみて間違いない。

添加剤としても厚生労働省に認められている。

 

糊料(メチルセルロース)

乳化安定剤として使用。アレルギー性がない万能品。

 

オレンジ

遊離アミノ酸の一種として加えられている

 

結局妊婦にはどうなのか?

この「金時しょうが粒」の成分を見て驚くのは、そのこだわり。

 

粉末の金時しょうがをベースに余計なものを入れていません。

 

「シンプル・イズ・ベスト」の言葉の通り「金時しょうが」の効果を最大限発揮するため

余計なものが入っていないのです。

 

妊婦さんが気にしているのは

 

「妊娠中の吐き気や頭痛に効果があるのか」

 

というところだと思いますが、この金時しょうが粒は、まったく問題がありません。

 

妊婦さんに一番必要な成分であるジンゲロールの消失も、実際に調理よりも断然少なく

より多くのジンゲロールを摂取することが出来るのが「しょうが」を加工した製品です。

 

そのベストともいえる、「手軽に飲めて、どこにでも持ち歩ける」のが

サプリメントの最大の魅力とも言えます。

 

通常の「しょうが」よりも4倍多くの成分が含まれている「金時しょうが」

 

妊婦さんがもっとも苦しい「吐き気」そして「頭痛」から解放してくれる効果が

期待できる「金時しょうが粒」

 

あなたもさっそく体験して、その効果を感じてみませんか?