金時しょうが粒は体を温める効果が非常に高いサプリメントです。

 

よく聞く質問の中で「いつ飲んだらいいですか?」というものがありますが

実はこの金時しょうが粒は「こう飲んでください」という形はありません。

 

寒いと感じたときがそのときなのです。

 

手軽に飲めるのがサプリメントの魅力

金時しょうが粒の飲み方としては、寒いと感じたときといいました。

 

be38136aa19f2d54c68c5a19c1a3671e_s

 

生のすりおろししょうがと比べて、金時しょうが粒に使われている乾燥しょうがは

体の温め効果である「ショウガオール」という成分が300倍も多いのです。

 

 

この高い温め効果を理解すれば、一番よい金時しょうが粒の飲み方としては

「寒い」と感じたその瞬間に飲めばよいということになります。

 

サプリメントは手軽に持ち運んだりすることが出来るのが魅力です。

 

また、サプリメントは「薬」ではありませんので、飲んで胃を痛めるということは

ありません。

 

食前・食中・食後のように、胃の動きに合わせて金時しょうが粒の飲み方を考える

必要はないのです。

 

手軽に持ち運べることを最大限に利用して、いつでもバッグに忍ばせておいて、

「今日は寒いな。」と思った時に金時しょうが粒を飲む。

 

それだけでいいのです。

 

温め効果の再確認

金時しょうが粒の飲み方を考えていく記事ですが、もう一度金時しょうが粒の

効果を確認したいと思います。

 

金時しょうが粒の効果を支えるのは「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」

という成分です。

 

この3つは血流を改善する効果があります。

 

血流が改善することによって体を温め、基礎代謝を上げて、冷えの改善を目指します。

 

そのほかにも消化促進・咳止め・殺菌作用・消臭作用・吐き気止め・抗炎症作用

抗酸化作用・解熱作用などが上げられます。

 

この部分を覚えておくと、金時しょうが粒の飲み方が様々あることに気がつきます。

 

温め作用以外にも食べ過ぎたときなどに飲んで消化を促進させたり、お酒を飲みすぎたあと

にも吐き気止めとして利用出来ます。

 

また口内炎などが出来たときも抗炎症作用で治りが早くなることが期待できます。

 

このように金時しょうが粒の飲み方は様々なのです。

 

ひとつのことに特化した製品ではない

金時しょうが粒の飲み方をこのように考えていくと、このサプリメントは

色々と幅のある製品だということがわかります。

 

4173ecf601fb5ed9b1bc0fa3a776e5a0_s

 

体の温め効果を一番に期待していることに間違いはありませんが

 

そもそも様々な生薬として利用されている「しょうが」をベースに作られている

製品なので、幅が広いことは当然といえば当然です。

 

金時しょうが粒の飲み方は本当に様々です。

 

公式サイトなどでは温め効果を大きくうたっていますが、先ほどあげたように

しょうがの効果を理解すれば金時しょうが粒の飲み方は症状に合わせてたくさんあります。

 

私などは抗炎症作用の効果を知ってからは金時しょうが粒の飲み方を少し変えて

口内炎が出来たときに飲んでいます。

 

先日は二日酔いで吐き気が激しいときにも飲んでみましたが、飲んだ後は楽になりました。

 

重要なのはどのような症状に対して効果があるのか知っていることです。

 

そうすれば金時しょうが粒の飲み方も「こうじゃなければいけない」という形からは

抜け出すことが出来ます。

 

金時しょうが粒の飲み方は自分の症状に合わせて1日2粒程度まで。

 

それさえ押さえておけば、この金時しょうが粒を最大限に楽しむことが出来るのです。