ごま酢セサミンはダイエットサポートサプリメントとして販売されていますが

 

なぜごま酢セサミンはダイエットに効果があるのでしょうか?

 

まずはそこのお話です。

 

アミノ酸と基礎代謝の関係

基礎代謝を上げるためにはアミノ酸の力を借りるのが有効です。

 

多くのダイエットサポートサプリメントと呼ばれている製品には

 

アミノ酸という言葉が踊っていますが

アミノ酸はごま酢セサミンの効果を語るときには外せません。

 

そもそもアミノ酸は私たちの生命に関わる大切な栄養素です。

 

人の体の2割近くはたんぱく質などのアミノ酸で構成されていています。

 

簡単に言えば、体重が50kgある人ならば、10kgはたんぱく質ということ。

 

その中で体の重要な組織を作っているのがたんぱく質を構成しているアミノ酸です。

 

アミノ酸は約500種類も見つかっていますが、私たちに必要なアミノ酸はわずかに20種類。

 

その中でも人が体の中で合成できないアミノ酸のことを必須アミノ酸といい

体の中で合成できるものを非必須アミノ酸といいます。

 

どのダイエットサポートサプリメントにも言えることですが

多くの製品には必須アミノ酸が含まれています。

 

ごま酢セサミンの効果を考えたとき

ごま酢セサミンには必須アミノ酸はどれだけ入っているのかを考えてしまいますが

 

ごま酢セサミンに含まれている必須アミノ酸はバリン・ロイシン・イソロイシンで

BCAAと呼ばれるグループです。

 

バリンは筋肉強化と疲労回復、成長促進、血中の窒素のバランス調整。

このバリンはスポーツサプリメントに含まれていることが多い成分です。

 

ごま酢セサミンの効果にももちろん期待が出来ます。

 

ロイシンはやはり筋肉強化。そして肝臓の機能も高めます。

 

イソロイシンは筋肉強化と血管の拡張効果。神経系の働きの補助などが上げられます。

 

判断力や反射速度などに影響を与えます。

 

ここまで読んでいただくと解るとおり、ごま酢セサミンの効果で一番は筋肉強化という

ことになります。

 

そこで登場するのが基礎代謝

基礎代謝は筋肉をつければ上がるというのが都市伝説化していますが私は否定的です。

 

ごま酢セサミンの効果でも「筋肉をつけ基礎代謝を上げる効果が期待できる」と書いてありますが

 

私はその側面よりも、運動機能の向上のほうがよほど大切だと感じています。

 

ダイエットを考えるとき、サプリメントのみで体重を落とすことは絶対に間違いです。

 

ごま酢セサミンの効果でも、あくまでごま酢セサミンはサポートサプリメントとしているので

「運動」つまりは体を動かすことは必要になります。

 

そのときの運動機能の向上こそが、ごま酢セサミンの効果を語る上で一番大切なこと。

 

基礎代謝を上げるためには「筋肉をつける」ことよりも「基礎体温を上げる」

ことのほうがよほど重要です。

 

その重要性を記事にしていますので参考にしてください

 

その「運動」の明確なサポートを行ってくれるのがごま酢セサミンだと考えています。

 

運動を継続していくことによって「基礎体温」を上げて、ごま酢セサミンの効果を上げていく。

 

飲んでいるだけで痩せていくような製品は逆に信用性はありません。

 

さて次回の記事からさらにごま酢セサミンを掘り下げて行きたいと思います。