酵素の液体やサプリメントは下痢をするというのは本当なのでしょうか?

 

酵素は下痢をする?

酵素で下痢をするのは消化系酵素だと思われますが、消化系酵素であった場合

飲み始めは下痢をすることが多いです。

 

実際に検証で飲んだ「スルスルこうそ」も飲み始めは下痢をしました。

 

それは実際に酵素が効いてきた証拠で、お腹の中で酵素による反応が始まっている証拠です。

 

消化系酵素はお腹の中で様々な反応を起こします。

 

コチラの動画をご覧ください。

 

 

はじめは食事のあとにお腹が痛くなるほど、腸が活発に動くこともありますが

それは酵素による好転反応と呼ばれています。

 

その好転反応が起きて酵素を飲んだことによって下痢をして驚いて飲むことを

やめてしまう人がいますが、これは体のほうが慣れます。

 

コレこそが体質が変化し始めた証拠。酵素による下痢は良い傾向なのです。

 

酵素はそれ単体ではほとんど機能しません。

 

他の栄養素と結びついてその効果を発揮するので、他の食事と共に摂取して

検証する必要があります。

 

例えば液体の酵素でその酵素以外で食事制限をオススメする酵素の場合は

話が違ってきます。

 

栄養の取りすぎ?

その場合の酵素摂取による下痢は

 

「栄養過多」

 

栄養の偏りによる酵素での下痢であるかもしれないからです。

 

酵素系のもので効果を体験したいなら、必ずこの部分を注意してください。

 

「酵素以外の食事もとること」

 

酵素は何かの栄養素と結びつくことで効果を発揮するので

必ず食事とセットです。

 

食事を取らないで痩せる効果を前面に出している商品には

気をつけなければいけません。

 

食事を取って酵素を飲んで下痢を起こすなら、消化系に酵素が効いているという証です。

 

その反応が出たなら

 

「やった!!」

 

と思って続けていきましょう。

 

酵素ダイエットの考え方

酵素系ダイエットの基本的な考え方は

 

「即効性はない」

 

ということ。

 

体質を変化させるには最低3ヶ月はかかるということを覚悟して取り組んで

いきましょう。

 

酵素で下痢をしても基礎代謝が上がっているという考えからは切り離して

行かなければなりませんが、酵素は基礎代謝を上げる働きがあります。

 

基礎代謝を上げて、エネルギー消費効率を上げて「太りにくい体質」を

手に入れることが酵素ダイエットの最終目標です。

 

酵素を摂取して下痢をするのは、状況に変化が見られて、体の中が

変化しようとしている証拠です。

 

このきっかけを上手に前向きに捉えていくことが大事です。

 

酵素で下痢を起こしたら明るいキザシが見えてきた証拠。

 

あなたが変わり始めている証拠なのです。