酵素系サプリメントを飲むにあたって最適な温度は存在するのでしょうか?

 

今回はその部分を検証したいと思います。

 

酵素は不安定

実は酵素は熱に対して不安定です。

 

酵素の最適温度を示している健康系のサイトは多くはありませんが

実は活動が活発になる温度は存在します。

 

それはサプリメントなどの飲み方などにも影響してくるので

ここでキッチリとお教えします。

 

酵素自体はたんぱく質

酵素自体はたんぱく質なので温度が上がりすぎると変性といって形が崩れて

働きを失います。

 

もっとも酵素が最適に活動できる温度は30度から40度少し高めと思ってしまいますが

体内に入ってからが重要なので

 

酵素を飲むときは常温か、サプリメントなどはぬるま湯であることが望ましいのです。

 

酵素は本当に熱すぎてもいけません。

 

食前に飲む場合も、飲んだ後に温度が高い食べ物を食べてしまうと

その効果を発揮できなくなるのです。

 

ラーメンなどを食べると活動が困難に

温度が高いってどのくらい?

 

酵素は40度を越えると形が崩れて活動が困難になります。

 

酵素を飲んだあとにラーメンの汁などを飲んでしまうと、その効果のほとんどを失います。

 

「酵素の最適温度は30度から40度」

そこをしっかりと覚えていただければ問題ありません。

 

冷たいものは活動はするが活発ではない

では、冷たいものはどうでしょうか?

 

高温のものに対してはまだ活発な活動を示しますが

酵素の最適温度と比べると活動は3分の1以下になってしまいます。

 

冷たい食事と一緒にとってしまうと、やはり効果を感じることは

難しいかもしれません。

 

夏に体が冷えている状態では結局その効果を体験することは出来ないのです。

 

1番いいのいは

「液体なら常温」

 

「サプリメントならぬるま湯で」

 

これが酵素の最適温度です。

 

酵素というのは基礎代謝と深く結びついています。

 

はやく「痩せたい」

 

はやく「太りにくい」体質を手に入れたいなら

 

この酵素の最適温度を意識しなければなりません。

 

小さいことをキチンと意識することで、その効果を体験する

スピードが上がります。

 

酵素系のものを飲む場合、あまり即効性を期待しないことが良いです。

 

酵素系は長いスパンで体質を変化させるものが多いので

こういう酵素の最適温度などの小さいことを意識することが

とても重要なんです。

 

どのようなものであっても「酵素」とつくものは

最適温度を意識しなければなりません。

 

熱いものは避ける。冷たいものは避ける。最適は常温。

 

これさえ守れば体の中に入った酵素の働きを止めることはないのです。