夏が過ぎるとなんだか体重が増える。

 

それは暑さから解放されて汗をかかなくなるから

脂肪がつきなすくなるから。

 

そんな思い込みしていませんか?

 

実は基礎代謝は寒くなると一度高まる。だからこそ寒い季節にダイエット

これも効率的

 

体が寒さに反応する

夏の暑い季節から徐々に気温が低くなると、人間は体温を保とうとするために

自然に基礎代謝が上がる。

 

実は基礎代謝と季節というのは関係が深く、基礎代謝は1年を通じて同じ数字を

保っているわけではありません。

 

基礎代謝と季節について

「寒くなると汗をかかなくなる。だから太る」

 

実はこれは正解ではありません。

 

人間の体は寒くなってくると体温を保とうとして基礎代謝が上がるのは

科学的にわかっています。

 

体が体温を上げようとするのでエネルギーが必要になって、体があなたに

食事を要求してきます。

 

そうするとどうしても食べてしまう。

 

寒い季節に食べてしまうのは、体が寒さに反応して生命維持を図ろうとするからです。

 

この基礎代謝と季節の関係を逆手にとって、寒い時期こそダイエットのチャンスなのです。

 

内臓が良く動く

基礎代謝は寒い季節になると上がります。体が熱を出したがるので体温を上げるために

内臓などが活発に動きます。

 

だから「食べたくなる」のです。

 

では、この「食べたくなる気持ち」も捨てずに痩せる方法はないのでしょうか?

 

食べるのを我慢するのもストレス

体にストレスがかかれば、いいことはひとつもありません。

 

ではその食べたい欲求を満たして、更に基礎代謝と季節の関係もうまく利用して痩せる事は

出来ないか?

 

その方法、実はあるんです。

 

タイミングを変える

痩せるには運動が必要です。ですが過激なものではなく、「お散歩」的な軽い

「ウォーキング」でも基礎代謝と季節の関係をうまく利用すれば痩せることが

出来るようになります。

 

それは歩くタイミングをずらすこと。

 

「ウォーキング」の効果を発揮するのは実は起きてすぐです。

 

食事を取る前にエネルギーを使ってあげると、効率よくエネルギーを消化できます。

 

その時間帯に歩く。基礎代謝と季節の関係を利用して寒い季節に歩く。

 

一見矛盾しているかもしれませんが、これは効率的な方法です。

 

毎日継続することで体質は変化しますが、とにかく小さな運動を繰り返し行うこと

そしてそのタイミングを考えることによって、小さな努力で「太りにくい体質」を

手に入れることが出来ます。

 

注意が必要

基礎代謝と季節の関係をうまく使ってダイエットする方法を教えましたが

この「食べる前に歩く」には注意が必要です。

 

それは必ず歩く前に水を飲むこと

 

これをしないと体がむくんでしまうんです。

 

私も面倒で水を飲まなかったことがありましたが、むくみよりも

だるさが嫌でした。

 

水を飲むのと飲まないのでは、体のだるさが違うんです。

 

それも感じればストレスになるので、そこもうまくコントロールしてあげる。

 

基礎代謝と季節を上手に利用すれば、寒い季節に更に体重を落として

理想の体を手に入れることも出来ます。

 

ようは仕組みを知って利用する。

 

これが「太りにくい体質」を手に入れる近道なのです。