大人気金時しょうが粒、本当に冷え症に効果があるのか

体験者にお話を聞きます。

 

冷え性ってなに?

冷え性とは元々どのようなものなのでしょうか?

 

これは生活習慣病の一種です。

 

現代社会ではいつの季節でも様々な食材を手に入れることが出来ます。

 

過去にあったように四季に合わせた食べ物を口にするという本来の形は

なくなり、どの季節であっても様々な食材で自由に作ることが

出来るようになりました。

 

つまり時や時間を選ばずに、好きなものを口にすることが出来る

偏った食事が出来る環境になっているのです。

 

過去は違いました。

 

食べることが精一杯の時代では食べるのもは健康第一

好きな物は二の次だったのです。

 

私たちは

 

好きなもの、食べたいものをまず選んでから食事を考えます。

 

健康から先に考えて食事をとっている人のほうが珍しい時代なのです。

 

ですから私たちは様々な現代病にかかってしまいます。

 

冷え性もそのひとつです。

 

冷え性に悩む女性Yさん

ここに1人の女性がいます。

 

主婦で冷え症に悩むYさんです。

 

a1180_007827

 

彼女は朝晩の手足の冷えこみに悩んでいます。

 

そこで手にしたのがしょうがだったのですが、しょうがはいつの季節も

調理することで悩みます。

 

味のクセが強いことはあなたも承知のはず。

 

毎日の生活にしょうがを取り入れることの難しさを感じています。

 

冷え性に効く色々なものは試しましたが、出来れば自然のものを

使った方がいい。

 

そんなときに目に止まったのが「金時しょうが粒」です。

 

金時しょうがは日本で品種が作られた国産品。

 

日本の風土、土壌、水にあわせて作られた

日本人のために改良された製品です。

 

その安心感が彼女を動かしました。

 

最近では「食の安全」という言葉が見直されています。

 

食べたものが自分自身を作るというのが再認識されているのです。

 

私も最近では外食を極力控えています。

 

それは店で出されるものが信用できないという側面もあるからだと

思います。

 

口にするものの安心感、そこが重要な時代なのかもしれません。

 

その理由から彼女は「金時しょうが粒」を選びました。

 

では実際に彼女に実感はあったのでしょうか?

 

彼女の言葉です。

 

「金時しょうが粒は飲んですぐに効果を実感できます。色々なサプリメントを試したり

人気の粉末や、食事に混ぜるものも試しましたが、ここまで効果を実感したものはありません

また、国産というのも安心感があります。この金時しょうがは日本で作られたものだと

聞いているので、本当に安心感が違うんです」

 

基礎代謝と体温の関係

基礎代謝は人間が生きていく上で必ず必要になるエネルギーです。

 

詳しくはコチラに書いてありますが

 

平熱を1度上げるだけで、消費カロリーは13%も上がります。

 

実は基礎代謝で言われている「筋力アップ」よりもずっと

楽に効果を実感できるのは体温を上げる方法なのです。

 

そして体を温める方法として効果的とされているのが、このしょうがなのです。

 

しょうがは昔から生薬としても使用されてきました。

 

それだけ昔から効果があると確認されているということです。

 

実際に効果はあるのか?

昔から効果があるとされているものに文句をつけるのは難しいです。

 

しょうがの栽培が日本で始まったのは奈良時代。

 

大昔から色々な改良を受けて、その集大成が「金時しょうが」なのです。

 

ですが金時しょうがは調理には向いていません。

 

あなたが「金時しょうが使用 豚の生姜焼き」を聞かないのは

香りも辛味も金時しょうがは通常のしょうがよりも4倍近く強いのです。

 

この金時しょうがは、健康のためだけを考えて、体を温める効果のみを考えて

作り出された品種です。

 

冷え性に悩むYさんのように、安全も安心も手に入れて、効果が高いとされる

金時しょうが粒をあなたも試してみませんか?