今回は基礎代謝と体温について考えていきたいと思います。

 

基礎代謝を上げるには体温をあげるのが早い?

以前「基礎代謝を高める筋力トレーニング」で書きましたが

 

筋力を1Kgつけると、消費できるカロリーは13カロリー上がると

お話しました。

 

残念なことに13カロリーではおよそ飴玉1個分です。

 

数字だけで判断するのはよくないことですが、この

数字だけを聞いてしまうとモチベーションが下がって

しまうのも事実です。

 

基礎代謝と体温という題名から、「また期待はずれ?」と

不安になる必要はありません。

 

今回の基礎代謝と体温では、あなたを満足させる、興味を

そそる内容だと自信をもっています。

 

美容と健康の線をつなげるには、数字だけでは表せない部分も

多いです。実際に筋力トレーニングが基礎代謝を上げるためには

必要になってきますし、美容と健康を手に入れるためには

運動は避けては通れません。

 

ですから「スロートレーニング」「ウォーキング」などもオススメ

してきましたが

 

基礎代謝と体温の関わりはさらに面白いものです。

 

ダイエットの1番の敵

それは低体温だと知っていましたか?

 

冬、体温が低いとすべての生き物の活動が活発にはなりません。

それはあなたも同じだと思います。

 

その活動が活発にならないというのが、内臓でも起こっていたらと

想像すると「健康的ではない」というイメージを持ってもらえるかもしれません。

 

ですからこのサイトでは、何度も血圧をよくしましょう。体温を上げましょう。

心肺機能を上げましょう。としつこく言っています。

 

これは内臓を運動させているということなのです。

 

血を全身に送り出しているのは心臓です。血圧が良くなれば、この動きがスムーズ

になって、心臓が正常に働いてくれます。

 

また、血のめぐりもよくなってくれば、隅々まで血流がいきわたり、栄養素も

キチンと全身に届けてくれます。

 

それはキレイになるということです。

 

心肺機能、とくにこのサイトでは呼吸にこだわっていますが、呼吸は内臓を支える

横隔膜を鍛えます。

 

横隔膜がキチンと作業をしてくれると、様々な内臓の働きを

活発にしてくれて、やはり血のめぐりもよくなり、体温も上がるので

基礎代謝を上げる効果的な作用を与えてくれます。

 

では今回のメインである基礎代謝と体温について、少し掘り下げて

みましょう。

 

同じ内容なのになんで差が?

2人の女性がいます。2人は年齢も同じです。その2人に同じ食事を

してもらいます。

 

1人の女性は2ヵ月後、体重が増えていました。

 

もう1人は変化が見られません。

 

この2人にどのような差があったのでしょうか?

 

体温が影響?

体重が増えた女性の体温は平均で35.5度でした。

 

もう1人は36.5度です。差はこれだけです。

 

環境も同じ、運動や活動時間も同じと仮定します。

 

実は体温は1度上がると、基礎代謝は13%上がると言われています。

 

体温が低い女性の基礎代謝が1200カロリーだとすると、体温が1度

高いもう1人の女性の基礎代謝は1356カロリーになります。

 

2人が毎日1600カロリーの食事をしていたら、からだに消費しきれない

エネルギーが溜まっていってしまうのは、明らかに体温が低い女性の

ほうなのです。

 

すこしでも体温は高いほうがいい

日本人の平均体温は36.89度です。

 

あなたはどうですか?

 

案外高いと思ったかもしれません。

 

実は私も高いと思ってしまいましたが、私は平均がそれぐらいです(笑)

 

このサイトでオススメしている「ウォーキング」と「サプリメント」のおかげで

基礎代謝はかなりいい数字をキープしています。

 

平均の体温を測ってみて、平熱が低い人が37度の熱を出せば病気を疑いますが

平熱が高ければ37度でも全然活動出来ます。

 

基礎代謝を上げれば消費するカロリーも増えて、内臓機能も高くなって

美容と健康の線をつなでいくことが出来ます。

 

いくら痩せているからといって美しさがなければ意味がありません。

 

美容と健康の線をつなぐ。外側のキレイと内側のキレイを両方実現する。

 

そのために基礎代謝と体温の関係の理解を深めて

日ごろから基礎代謝と体温に気を配るようにしましょう。

 

基礎代謝を上げる方法は

 

ココに様々記してあります。ぜひ参考にしてみてください。