基礎代謝を上げる食べ物とはいったいどんなもの?

 

実は最近、興味深いものを発見しました

このサイト、代謝を上げるサプリメントなどにも影響を与えるものですが

驚いた研究結果が発表されています。

 

それは基礎代謝を上げる食事というキーワードにも含まれているものです。

 

まずはコチラを紹介したいと思います。

 

唐辛子はヤバイ食べ物になったのか?

唐辛子に含まれるカプサイシンは体を温める物質ですが

最近、否定的な見解もあります。

 

それはカプサイシンには毒性が含まれているとのことで、ヨーロッパの一部では、

唐辛子が主成分のキムチの輸入を停止している国があるからです。

 

このサイトではカプサイシンが含まれているサプリメントは紹介していませんが

理由はこのためです。

 

実はカプサイシンの発汗効果は物質が体を刺激して発汗しているのではありません。

 

脳そのものを刺激していて、そのイメージは少しコワいところがあります。

 

口から摂取したカプサイシンがダイエットや健康につながるというデータも

ないことから、私は疑問をもっています。

 

また、カプサイシンの刺激は体へのストレスにもなるとの研究結果が出ています。

そのストレスは脳に伝わり、アドレナリンの分泌を促します。

 

アドレナリンはストレスと戦うためのものでもありますが、多く分泌されると

パニック障害、ウツ、睡眠障害などの精神疾患をわずらう可能性があるそうです。

 

なんでも発汗する食べものが基礎代謝を上げる食事につながるとは

限らないのです。

 

これはどうやら気をつける必要がありそうです。

 

 

体を温めるもの

これは基礎代謝を上げる食事としては、一番簡単に摂取できるものかも

しれません。

 

なぜかというと、身近に知っているものばかりだからです。

 

しょうが

このサイトでも紹介しているしょうがのサプリメント

 

これはしょうがに含まれているショウガオールという成分が体を温めてくれるからです。

 

基礎代謝を上げる食事として、しょうがばかりを食べるわけにも行きませんが

基礎代謝を上げる食事として、知識を持っていて損はありません。

 

夏にはあまり摂取したくはありませんが、冬に摂取するとその温め効果は絶大と

感じるはずです。

 

あれは内臓も温めているので、基礎代謝を上げる効果は高い食べ物です。

 

たまねぎ

硫化アリルという物質が含まれるたまねぎ。硫化アリル

 

血栓予防(脳梗塞、心筋梗塞)、血中コレステロールの増加抑制
(動脈硬化)、インスリンの分泌促進、免疫機能の向上、癌の予防に
役立つと言われています。

 

これはにんにくにも含まれています。

 

にんにくはこのサイトでもコチラで紹介しました。

 

基礎代謝を上げる食事として意識していくのがいいかもしれません。

 

ですがにんにくやたまねぎなどは摂取しすぎてもよくありません。

 

基礎代謝を上げる食事は量も重要になってきます。

 

基礎代謝を上げるために体をメンテナンス、調整、仕上げることは

間違いではありませんが、やはりバランスです。

 

基礎代謝を上げる食事を意識するときも、その食事内容に気を配る

必要があるのです。

 

ごま

ビタミンEを豊富に含んでいます。

 

このごまもまた基礎代謝を上げる食事には最適です。

 

ビタミンEは血流を促進します。これは体を温める効果が期待できるものです。

これによって基礎代謝を上げていきますが、このビタミンEもたまねぎ、にんにく

と同じで量に気をつけなければなりません。

 

ビタミンEは過剰に摂取すると一時的にですが胃腸がおかしくなって下痢などを

引き起こすことがあるそうです。

 

からだに良いとされるものでも、やはり取り過ぎはよくありません。

 

ごま、たまねぎ、しょうがを使って連想される料理

ごま、たまねぎ、しょうがを使った料理

 

豚肉とキャベツのごま生姜炒め

 

豚肉のゴマ生姜炒め

 

アヒポキ丼

 

鶏肉とえのきのふわふわレタスシューマイ

 

参考サイト:クックパット

 

重要なのは

探せばたくさん出てきますが、ここで重要なのは

 

実際にごま、たまねぎ、しょうがを使った料理は比較的簡単に出来るということです。

 

どのような食事が体にいいかを知ることはとても重要なことです。

 

基礎代謝を上げる食事を知ることで、美容も健康もひとつの線でつながっていきます。

 

また唐辛子のように、一見からだに良さそうなものでも過剰に摂取すると危険な

ものもあります。

 

基礎代謝を上げる食事を知ることは、どのような食事が危険かを知ることにもなります。

 

なんでも発汗するものが正しいとは限らないのです。